NEWS

ドキュメンタリー映像:開催56年を数える最古のオフロードレース"3 PEAKS CX"へ、6度目の挑戦を果たしたBombtrackライダーのClem Shovel。

bombtrack

bombtrack

世界で最も過酷と言われるシクロクロスレースがあります。1961年にヨークシャー・デイルズ国立公園を舞台にして以来、Three Peaks(スリーピークス)は、後に続くあらゆるアドベンチャー・レースの始祖と言われるイベントです。それまでに類を見ない初めてのオフロードイベントは、その険しいルートを、1959年に自転車で初めて完走した14歳のヨークシャーの男子学生の泥だらけの足跡とタイヤ跡を辿ります。以来、そのコースとイベントは英国で最大かつ最も恐れられるシクロクロス・レースへと発展を遂げたのです。

イングルボロ、ワーンサイド、そしてペン・ア・ゲントそれぞれの由来となった峰々を登ること、これらはたとえ勝者であっても駆け上がるには酷く困難な極めて急な勾配です。寒くてどんよりとした天気に悩まされることも少なくないですが、ヨークシャー・デイルズの美しくも残酷な景色にはつきもの。霧の立ち込める峰々をかき分けたり、壮大なリブルヘッド陸橋のそばへ駆け降りること、そのコンディションや地形は、何百もの参加者達の意気込みに相応しいレースの特性や魅力を担っています。

bombtrack

続きはこちらから

BOMBTRACK試乗会のご案内 | 3/2(土) Y's Road 川崎店様にて

190215-ys_kawasaki.jpg
春も間近な3/2(土)にBOMBTRACKの試乗会をY's Road 川崎店様にて開催することになりました。
快適にライドが楽しめる多摩川河川敷も近く、ゆっくりとお目当ての車種をお試しいただける機会です。
ご来店お待ちしております。

【試乗車】
[2019] ARISE 2 - 700C, Mサイズ(54cm) - BLACK
bombtrack


[2019] ARISE 2 - 700C, Sサイズ(51cm) - PRISMATIC BLUE
bombtrack


[2019] ARISE GEARED - 700C, Sサイズ(49cm) - MATT METALLIC GREEN
bombtrack


[2019] ARISE GEARED - 700C, Mサイズ(52cm) - MATT METALLIC GREEN bombtrack

[2018] HOOK 2 - 700C, Mサイズ(52cm) - METALLIC BLACK bombtrack

[2018] HOOK AL - 700C, Mサイズ(53cm) - METALLIC GREY bombtrack

[2018] HOOK EXT - 650B, Mサイズ(54cm) - MATT GREY bombtrack

[2019] NEEDLE - 700C, Mサイズ(53cm) - LIME/GREEN bombtrack

【概要】
開催日:2019年3月2日(土)
時間:11:00〜16:00 ※受付15:30まで
場所:Y's Road 川崎店
問合先:044-221-1531

【受付方法】
1.15:30頃までに川崎店1Fカウンターへご来店頂き、受付をしていただきます。
2.受付では、身分証明書をお預かりorコピーいたします。
3.装備品(靴・ヘルメット)などを確認できましたらいよいよ試乗開始です。
4.川崎周辺や多摩川のダートを60分ほど試乗して頂きます。

【試乗について】
・受付時間はOPENから15時30分頃までとなります。
※試乗をしていただくには運転許証など写真つきの身分証明書が必要です。
※コピーは不可

・ヘルメット着用必須。
・サンダル(クロックスタイプ含む)履きは試乗不可。
・交通法規に従い安全に試乗をお楽しみください。
・詳細は川崎店スタッフ松橋までお問い合わせください。
※当日は予告無く試乗車が変更になる場合がございます。
※ビンディングペダルの貸し出しは行っておりませんので、使用される方はお手数ですがお持ちください。


ヨークシャー(UK)から世界を旅するふたり、マティーとクレア

Matty and Clare

数日、時には数ヶ月に渡るアドベンチャーライドの素晴らしさを美しい映像などで我々へ届けてくれるBOMBTRACK。これまでに配信されてきた映像作品に心を打たれた方も少なくないでしょう。

キルギスなどの中央アジアを進んだA Journey Beyond 2Marc Maurer、スコットランドの山岳地帯で開催されたセルフサポートレースHighland Trail 550を完走したJoachim Rosenlund(、2753kmに及ぶ世界屈指のバイクパッキングルートであるBaja Devideを旅したTales on Tiresのふたりなど、それを実行するアンバサダーの協力があってこそ。

小さな島国に住む我々からは壮大に映るアドベンチャーライドの数々を見せてくれてきた彼らBOMBTRACKのアンバサダーたちの中で、比較的若い世代にあたるカップル、Matty WaudbyClare Nattressのインタビューを本日はお届けします。

MATTY & CLARE

アーティスティックな感性を持ち合わせたヨークシャーのバイクパッカー。Matty(マティー)とClare(クレア)は2年に渡る世界旅行へ出かけます。撮影したり絵を描きながら、彼らはゆっくりとしたペースで、通りかかるそれぞれの文化に浸るつもりです。

Matty and Clare

続きはこちらから

W-BASE 田中元章 インタビュー by HOW I ROLL

東京渋谷よりストリートバイクのトレンドを発信し続けるW-BASE BICYCLE GARAGE


そのショップマネージャーの田中元章氏のインタビューが、弊社取扱ブランドHOW I ROLLのウェブにアップされてます。内容は東京の自転車シーンの移り変わりや、自身とBMXとの向き合い方など中々面白い内容です。


実際に30年以上前の東京のストリート自転車シーンを中心から見てきた元章氏へのインタビュー是非ご覧ください。


W-BASE 田中元章 インタビュー by HOW I ROLLはこちらから


IMG_8737.jpg

LINUS ALTAIR 7

LINUSより新たに追加モデルとしてALTAIR 7が本日入荷いたしました。

細く美しいシンプルなルックスは今までのLINUSそのままに外装7スピードの変速機を装備。
微妙にカーブしているシートステーやカラーリングなど見所も満載。
街乗りから週末サイクリングまでをカバーする一台に最適です。


LINUS ALTAIR 7紹介ページはこちら

altair7-2.jpg

altair7-5.jpg

JCX(ジャパン・シクロクロス・シリーズ)最終戦、前橋シクロクロスへBOMBTRACKブース出展です。

190205-maebashi_cx01.jpg

今季のシクロクロスレースのシリーズを締めくくるJCX最終戦が今週末2/10(日)に前橋で開催され、BOMBTRACKの各種試乗車をお持ちするブースを出展いたします。

会場は前橋市の競輪場「ヤマダグリーンドーム前橋」横に常設される前橋岩神緑地のオフロードサイクルコースになり、BMXのレースコースやパンプトラックコースのように大小のコブが並ぶエリアが名物。
タイトにコースがレイアウトされストップ・アンド・ゴーを繰り返す芝生エリアもあれば、短いながらも気を緩められないシングルトラックエリアなど、比較的平坦な会場ながらもその内容はバリエーションに富み、力量によって区分された各カテゴリーの総エントリー数は500名に登るとのこと。

これまでも前橋岩神緑地で例年2回が開催されてきた前歯シクロクロスは、順位を争うレースにありながら終始アットホームな空気が流れることで関東近郊のCXライダーの中では有名なレースです。 小さなホイールにまたがるキッズたちのカテゴリやご当地グルメを楽しめる飲食ブースも展開されることもあり、レースへ参加するライダーのみならず観戦を楽しみに来場する方たちも珍しくなく、今回は特にJCX最終戦ということもあり、当日の会場は賑わうことでしょう。

前歯シクロクロス JCX最終戦

開催日:2019年2月10日(日) ※雨天決行・荒天中止
開催地:岩神緑地「前橋市オフロードサイクルコース」
詳細:前橋シクロクロス



スケジュール

06:00- 駐車場開放
06:00-08:00 試走【120分】
07:00- 参加者受付(各レーススタート1時間前まで)
08:00-08:15 開会式
08:20-08:50 CM2/C3/U17【30分】
09:05-09:45 CM1/CJ/C2【40分】
10:00-10:30 CM3/CL2+3/U15【30分】
10:45-11:00 CK1/CK2/CK3【約15分】
11:00-11:40 試走【40分】
11:45-11:55 キンダーガーデン 【約10分】
12:05-12:45 JCX最終戦 CL1【40分】
13:00-14:00 JCX最終戦 C1 【60分】
14:15-14:45 C4A 【30分】
15:00-15:30 C4B 【30分】
15:30-16:00 JCXシリーズ表彰式、閉会式

※スケジュールは変更される場合がございます。

HOW I ROLLのSTORYページにYOPPI氏のインタビューが!!

Hombre Niñoディレクター (http://www.hombrenino.com)、PLUS L by XLARGE デザイナーで、スケートチーム"T19"に所属する江川芳文氏(通称:YOPPI)がHOW I ROLLSTORYページにてインタビューされています。

HOW I ROLLが2019年3月にリリース予定のT19 x HOW I ROLL MINIUMのプロモーション映像で、そのMINIUMに跨り映像に出演している江川芳文氏(通称:YOPPI)。



江川芳文氏のインタビューはこちらから



2019年3月にリリース予定のT19 x HOW I ROLL MINIUMが待ち遠しいです。

BOMBTRACK 2019年モデルが入荷!

bomtrack

延々と続く荒野や山々を縫うように張り巡らされたトレイルなどを走り抜けるグラベルライド、またはその数日間に渡って楽しむバイクパッキング。そんなアドベンチャーライドのシーンにおいて知名度を上げているBOMBTRACKから2019年モデルの完成車到着しました。

2019 BOMBTRACK 完成車はこちらから


bomtrack

先週にスッタフの由谷が3回に渡ってブログを投稿していたARISE 2に加え、ワイドレンジなギアに加えてフロントラックも標準で装備されたARISE GEARED。そしてストリートをスムーズに走り抜けられるクロモリ製ピストバイクのNEEDLEが入荷しています。


ARISE 2

BOMBTRACK

通勤も通学も買い物もツーリングもレースも、コミュートからスポーツまで、何でもこなす万能なシングルスピードバイクです。
カラー:BLACK, PRISMATIC BLUE
上代:¥156,000(税抜)

詳細はこちらから

ARISE GEARED

BOMBTRACK

日頃のコミューティングも週末の冒険ライドも、標準装備のフロントラックとワイドなギアレンジが可能性を広げるアーバンツアラーの登場です。
カラー:MATT METALLIC GREEN
上代:¥175,000(税抜)

詳細はこちらから

NEEDLE

BOMBTRACK

フィックスド・クリテリウムをターゲットにデザインされ、スムーズでノビの良い加速が気持ち良いColumbusスチール製ピストバイクです。
カラー:LIME/GREEN
上代:¥185,000(税抜)

詳細はこちらから

万能で便利なBOMBTRACKのARISE 2 - ギア付き仕様編

こんにちは、スタッフの由谷です。

僕が愛してやまないBOMBTRACK ARISE 2について、前々回は概要編を前回はシングルスピード活用編を紹介してきましたが、今回はARISE 2の機能を活かしたギア付き編を紹介します。

概要編で触れたように、グラベルバイクにカテゴライズされるARISE 2はシングルスピードの完成車として販売されてますが、フレームのドロップエンドにはディレーラー(変速機)が取り付けられるので、ギア付きバイクへもスイッチ可能です。

→続きはこちらから

bombtrack arise2

H-STREET LTD Two Tone

H-STREET LTD Two ToneがDURCUS ONEより入荷してきました。

古臭くなりがちなグラデーションカラーをDURCUS ONEらしく、グロスブラックとガンメタの塗り分けでストリートテイストに仕上げてきています。

カラーリング以外はレギュラーモデルと共通。
販売数は限られております。


カラー:ブラック/ガンメタ
販売価格:¥52,000(税抜)


20190111-1.jpg

20190111-2.jpg


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11




INSTAGRAM



FACEBOOK